オンラインショップマイプランゼー
ホームページ
オンラインショップマイプランゼー
プランゼーでの持続可能性

プランゼーのサステナビリティ

1921年の創業以来、プランゼーではサステナビリティが不可欠な役割を担ってきました。プランゼーの湖は、弊社の名前の由来であるだけでなく、弊社のエネルギー源でもあり、今日、かつてないほど重要視されています。水力発電、持続可能な企業経営、材料のリサイクル、労働法のグローバルな遵守など、プランゼーの持続可能性は常に多面的であり、企業戦略の中核をなす要素として、商業的成功に寄与しています。 

弊社は将来、さらに持続可能性を高め、弊社の革新的な力を使って、お客様が持続可能性の目標を達成するのを助けたいと考えています。弊社は、環境・社会・ガバナンス(ESG)基準に基づき、サステナビリティを全体的に捉えています。 

持続可能性の目標

確固たるCO2削減目標

弊社は、最も大きな変化をもたらすことができる分野であるCO2排出量に焦点を当てています。 

プランゼーのCO2目標
  • COニュートラルを2030年までに
    2030年までに、直接排出量と購入エネルギーによる間接排出量を75%削減します。  
  • 2050年までの気候中立性
     直接排出、購入エネルギーによる間接排出、付加価値連鎖で発生する間接排出を全体で90%削減することで、2050年までに気候変動に左右されない社会を目指します。
経営陣による宣言

持続可能性報告書

プランゼー2022年度持続可能性報告書

プランゼー2022年度持続可能性報告書

プランゼーにとってサステナビリティが意味すること、そして弊社が取り組む行動について詳しく知りたいですか?

弊社がすでに実施している対策、そして今後計画している内容についての詳細は、持続可能性報告書をご覧ください。

この報告書には、プランゼーの持続可能な生産とガバナンスの事実および詳細についても多くの情報が含まれています。

持続可能性報告書に移動する(英語)
イニシアチブ

サステナビリティ向上に向けてのイニシアチブ

国連グローバル・コンパクトのロゴ

プランゼーHPMはプランゼーグループの1つであり、2023年、責任あるコーポレートガバナンスにおいて世界で最も重要なイニシアチブの1つである国連グローバル・コンパクト(UNGC)に参加しました。UNGCの一員として、弊社は人権の尊重、従業員およびその代理人の権利の尊重、環境保護、公正な競争の実現、汚職防止など、10原則への準拠に務めています。 

プランゼーHPMは2023年にScience Based Targets Initiative(科学的根拠に基づく目標イニシアチブ)(SBTi)に参加し、科学的根拠に基づく気候目標の設定に取り組んでいます。このイニシアチブは2015年パリ合意で設定された通り、地球温暖化を1.5 °Cまでに制限することを目標としています。2024年、弊社は弊社の目標に対してSBTiから承認を取得することを目指しています。SBTiでは、現カウな気候科学基準に基づき企業の目標を個別に評価し、承認しています。

対策とプロジェクト

弊社のサステナビリティの対策とプロジェクト:

  • すべて
  • ユーメット
  • 社会
  • ガバナンス
詳細情報

弊社の購買方針とコンプライアンスの詳細をご覧いただけます: