新人研修

プランゼーでビジネスキャリアを開始することには、しっかりした意義があります。プランゼーは、健全な職業訓練を重視するだけでなく、その先をしっかり見て興味深い育成機会を用意しています。これらの機会を、私たちはロイテをはじめ世界各地で提供することができます。

仕事の世界を体験してみたいですか?それでしたらスクールインターンシップが最適です。プランゼーの仕事の世界はどのようなものか、そこでの日常的な働き方はどのようなものか、手に取るように理解できるはずです。このようにして、あなたは最初の労働体験をし、そしてすぐにも自分にとっての理想の仕事を見つけることができるでしょう。

したいことはたくさんあるのにお金が足りない―いまのあなたもそうでしょうか?ここに解決策があります。プランゼーのホリデージョブに参加して、仕事と楽しみを結び付けてください。仕事の世界に足を踏み入れると同時に、お金を稼ぐことができます。一挙両得みたい、ですか?そのとおりです!


学校の授業は飽きたので、すぐにでも職業訓練を受けたいですって?いい考えだと思います。将来のキャリアアップのためのツールが手に入るでしょう。

ロイテにある私たちの研修センターでは、現在150人の若者が、プランゼーという会社、そしてその製品について一から学びつつあります。すぐれた職業訓練は成果を見ればわかります―プランゼーの幹部社員の多くは、プランゼーとセラティジットで研修生としてスタートを切った人たちです。

経験豊富な研修指導者たち、そしていま研修中の人たちが、レッヒブルック、ロイテ、そしてゼオンの工場であなたと会えるのを楽しみにしています。

 

金属加工エンジニア―機械エンジニアリングに専念
機械エンジニアとして、機械やシステムの保守、整備、修理を担当します。さまざまな作業領域に配置された工作機械やシステムが常に稼働できるようにするのが役割です。

金属加工エンジニア―機械加工技術に専念
機械工として、旋盤加工、フライス加工、研削によって硬質金属を成形するさまざまな方法を学びます。金属の薄板、厚板、ロッドから顧客仕様に合わせて製品を形成します。

電気エンジニア
オートメーションと制御技術の利用が増えていく中、会社がパワーアップを続けていくうえで電気エンジニアは不可欠です。研修内容は電気エンジニアリングのほかに、金属に関する基本研修も含まれます。

化学検査技師
コンピューター制御の機器と顕微鏡を使ってさまざまな粉末および金属を調べ、化学的性質が正しいかどうかを確認します。注意深くそして正確に作業することが得意な人にはぴったりの職種です。

材料エンジニア
加工部門が高品質の材料を使用できるようにするのが役割です。特に金属の密度、硬さ、強度をチェックして、高品質の最終製品がお客様に納品されるようにします。

プロセスエンジニア
生産に使用する機械やシステムのほとんどは標準的なものではありませんが、プロセスエンジニアはこれらを操作します。品質保証対策を行い、優れた製品品質を保証し、製造設備の保守も行います。

切削機械工
全自動CNCシステムを使用した各種金属の旋削、フライス削り、穴あけ加工の技術を学び、また、お客様から提供された仕様と図面に従ってさまざまな部品を製造する方法を学びます。

ポリテクニックエンジニア
ポリテクニックエンジニアの主な役割の一つは、製造です。鋼、クロム鋼、アルミニウムなどの金属、さらにはプラスチックや複合材料から工具、部品、製造装置を製造します。特注部品や試作品を作るには、旋盤、フライス盤、ボール盤、研削盤などを手動で操作することも必要です。しかし大半の時間はコンピューター制御の機械を使用します。

インターンシップ、ホリデージョブ、職業訓練のどれを考えているかは別にして、一度プランゼーの欠員情報をご覧になり、興味のあるポジションが見つかるかチェックしてみてください。見つからなくてもだいじょうぶです。そのときはこの件の担当者までご連絡ください。関係者間で検討し、何ができるかを考えます。

自分の目で見てみたいですか?では、研修センターの次の「オープンハウスデー」にいらしてください。このイベントは毎年、秋に開催されます。詳細日時は研修センターのフェイスブックに発表します。

テクノロジーやデジタル化に興味がありますか?3Dプリンターを使ってみたい、あるいはロボットやアプリがどういうふうに動作するか知りたいですか?それでしたら、プランゼー・デジタルデーが最適です!

デジタルデーは、さまざまな夏休みプログラムに興味がある12歳から14歳までの生徒を対象にしています。デジタルデーの目的は、デジタルおよび技術の世界を楽しいものにし、その世界がいかに多様であるかを示すことにあります。1週間のあいだに現代のテクノロジーを体験し、アイデアを開発し、そして試作品を作ってテストすることができます。
詳しくは、www.digital-days.at.をご覧ください。