コーティング材料の研究プロジェクト

オーストリアの研究助成機関はプランゼーによって行われる3年の開発プロジェクトを支援しています。

目的: レオーベン大学とリンツのヨハネスケプラー大学との共同研究により、当社はフラットパネル、タッチパネル、エレクトロクロミックガラスやマイクロエレクトロニクス分野のアプリケーションのための新しい薄膜材料を開発しています。プランゼーの薄膜材料ビジネスの責任者であるUlrich Lauseckerは「このプロジェクトはプランゼーが粉末冶金技術を用い製造される薄膜材料の技術開発パートナーとして、今後も顧客から信頼を得続けることを示している。」と説明しています。

最も重要な研究開発投資: ロータリースパッタリングターゲットのためのPVD試験設備の開設; さまざまな修士レベルや博士研究課題の表彰; モリブデン酸化物の半導体特性を測定するシステムの導入(ホール効果計測システム)。

さらに詳しい情報はこちらをご覧ください。 薄膜材料