タングステン業界 - トワンダにて紛争鉱物評議会(TI-CMC)の年次会議

GTPは今週、トワンダでTI-CMC年次会議を主催しました。会議には精錬会社4社からそれぞれ代表する評議員と高融点金属協会(RMA)の代表者らが出席しました。

TI-CMCの作業は、コンフリクトフリー・サプライを達成するという観点から当業界にとって重要さを増しています。この会議とは別に、当グループは紛争鉱物不使用製錬業者イニシアティブ(CFSI)と会合を持ち、紛争鉱物不使用製錬企業プログラム(CFSP)の見直しについて議論しました。CFSPは現在、まもなく適用されるEU規制と下流産業からの需要増大に対応できるように調整中です。