プランゼージャパンが創立40周年記念を迎えました

お客様、ビジネスパートナー、スタッフを迎えて、創立記念祝賀会が開催されました。

プランゼージャパンの代表取締役社長であるPeter Aldrianは、170人のゲストに対して、設立時から現在に至るまでの発展について述べました。1978年、日本プランゼー株式会社が設立されると、東京と大阪に事務所が置かれ、その後すぐに福岡にも事務所が開設されました。1991年には、さらなる成長のためにMetallwerk Plansee GmbHと日本企業である日本バックスメタル株式会社との合弁会社として、「バックスプレシジョン株式会社」を岩手県江刺市に設立し、現地生産を開始しました。同社は程なく、日本の産業界において、先端技術企業向けの信頼できるサプライヤーとしての地位を確立しました。2009年には、日本プランゼー、日本バックスメタル、バックスプレシジョンの3社が合併し、現在のプランゼージャパン株式会社が設立されました。

プランゼージャパンは、現在130人を超えるスタッフが就業しています。江刺工場では、エレクトロニクス、医療エンジニアリング、自動車、照明、半導体産業用の精密部品が製造され、その製品は東京と大阪の営業所で販売されています。日本で製造される製品の約30%が、世界中のお客様に向けて輸出されています。同時に、プランゼージャパンはプランゼーグループの他の会社から材料、製品、部品を購入し、日本市場で販売しています。

プランゼージャパンは、今後もこの地域における革新的かつ信頼できるビジネスパートナーであり続けるために、最新の製造設備、スタッフ養成およびサービス提供の継続的な発展に対して常に投資しています。

プランゼージャパンについてもっと詳しくお知りになりたい方は、当社のウェブサイトをご覧いただくか、japan(at)plansee.comまで電子メールでお問い合わせください。