プランゼージャパン江刺工場が操業25周年を迎えました

プランゼージャパン江刺工場が操業25周年を迎えました。この工場はモリブデンとタングステン製品を取り扱う工場として操業を開始し、中山宣明様と土屋雅様のリーダーシップの下、成長を続けてきました。

Der Plansee Unternehmenssstandort in Esashi feierte sein 25-jähriges Jubiläum.

プランゼーグループの理事会メンバーのSchretter Bernhard氏はスピーチで「1989年のこの工場への投資が、アジアにおけるプランゼー最初の投資であり、世界進出の足掛かりとなった。」と述べ、プランゼージャパン株式会社代表取締役のAldrian Peterが、これまで会社の成長に尽力した人々に感謝の意を表しました。

プランゼージャパンの詳細はこちらをご覧ください。