マルチフィジックスシミュレーションモデルに基づくモリブデンの選択的レーザー溶融における粉末特性の影響の基礎解析

選択的レーザー溶融(SLM)は、モリブデンの加工に大きな可能性を提供しますが、それは古典的な方法ではほとんど製作できない部品の生産を可能にするからです。

金属粉末の選択的レーザー溶融

モリブデンから製造される添加物の格子構造

 

ワークピースは、粉末を層ごとに溶融させることによって形成されます。適用されるレーザーパラメーターに加えて、粉末および堆積した粉末層の特性が、プロセスのダイナミクスおよび最終加工結果に重大な影響を及ぼします。数値シミュレーションは、これらの影響を根本的に理解するために、孤立したパラメーターの詳細な表示を可能にする汎用ツールです。

Karl-Heinz Leitzは、第19回プランゼーセミナーで、モリブデンのSLMにおける粉末特性の影響の基礎解析に適用された、SLMの結合熱流体動的シミュレーションモデルを発表しました。この結果は、SLMプロセスおよび溶融トラックの形成における粉末粒径および粉末粒子配置の影響について、より深い洞察を可能にします。

論文全体を読む。

プランゼーセミナーの詳細はこちらをご覧ください。