強い味方:プランゼーも固体酸化物型燃料電池の技術改善を支援

このほど、ユーリッヒ研究センターに固体酸化物型燃料電池の改善を目指すクリスチャン・ドップラー研究所がオープンしました。大型トラック向けの補助電源として軽油を電気に変える固体酸化物型燃料電池です。

Eröffnung des Christian Doppler Labors am Forschungszentrum Jülich

固体酸化物型燃料電池を支える重要な金属構成要素であるインターコネクタのメーカーとして、プランゼーもこの研究所の設立資金の出資に参加しています。ほかの協力パートナー、後援者には、ウィーン工科大学、AVL List GmbH、オーストリア連邦科学研究経済省が名前を連ねています。

Further Information on the new laboraroty and solid oxid fuel cells.