新しいデジタル化のアイデア

プランゼーがスタートアップファンドの利子を取得

プランゼーグループは、Speedinvestインダストリーファンドの資金調達ラウンドに参加し、その中核的投資家の一員になりました。このファンドには、産業および技術を主眼とするスタートアップ企業の開発および助成に利用できる5000万ユーロの成長資金があります。

「私たちが投資するのは、非常に早い段階で産業環境におけるデジタル化のための新しいアイデアを見出し、評価し、理想的にはさらに発展させたいからです」と、プランゼーグループの執行役員会のメンバーであるKarlheinz Wexは語りました。さらに、2021年までにグループのデジタル変革を完成させる取り組みの基盤となるものについて参加者が興味を持っていたことを、Wexは付け加えました。

「当社のデータを合理的に使用することは、お客様との業務関係を簡略化し、生産業務をよりインテリジェントに管理するための前提条件です」と、Wexは述べています。このファンドは、主にビッグデータ・アナリティクス、スマートファクトリー、および産業分野における新しいビジネスモデルなどの分野に注力している企業に資金を提供することを想定しています。また、ヨーロッパ各地からの創設者を対象としていますが、産業に重点を置いているため、結果的にドイツ、オーストリア、スイスが特に重視されています。