未来は金色:プランゼーはWT20溶接電極・電極棒の生産を中止します

中立のドイツ連邦材料試験研究所(BAM)はトリウムフリーのWL15溶接電極をこれまでのWT20標準溶接電極と比較した結果、WL15が高性能で、環境に優しい代替手段であることを確認しました。

赤色のマークが表示されている、トリウム含有のWT20溶接用電極・電極棒はTIG溶接の定番ともいえる標準でした。ところが、法令の規制が強化されるにつれ、トリウムを含有する材料の生産、実装、出荷および処分が、メーカーにとってもユーザーにとっても費用のかかるものになってきています。

2013年12月31日をもって、プランゼーはWT溶接用電極・電極棒の生産を中止し、トリウムフリーの溶接用電極・電極棒だけを製造します。WT20の代替品はかねてからそれらの能力を発揮してきました。プランゼーでは、コストを削減できて性能面でも申し分ない金色のWL15溶接用電極・電極棒に変更することを推奨しています。これらはどれも、トリウムは含有していません。

ベルリンにある中立のドイツ連邦材料試験研究所(BAM)は、金色のWL15の品質面も確認しました。その点火時間は、赤色のWT20溶接用電極・電極棒のそれと同じくらい迅速です。高合金鋼と使用すると、WL15はいっそう速く点火します。

また、BAMが行った連続点火試験で、これらのTIG溶接用電極・電極棒の外観に明らかな違いがあることもが示されました。WT20型の溶接用電極・電極棒は、WL15溶接用電極・電極棒より酸化する傾向が大きく、摩耗の徴候も広範囲にわたっています。

報告書全文はwww.plansee.com/test-reportでダウンロードできます。

 

WL15溶接用電極・電極棒をオンラインで買い求めください。

 

環境に優しいWL15溶接用電極・電極棒は、すでにプランゼーのオンラインショップwww.plansee.com/shop/でお買い求めいただけるようになっています。