超高精細(UHD)スクリーン用の超高純度スパッタリングターゲット

超高解像度ディスプレイのトランジスターは、とりわけ微細な構造を有しています。非常に高純度なスパッタリングターゲットだけが、微細な導電経路用の原材料として使用されます。ぜひ、国際タッチパネル・光学フィルム展示会(Touch Taiwan2013)で当社の超高純度コーティング材料をご覧ください!

超高解像度とは、最大幅4,000ピクセルで画像を送信するデジタルビデオフォーマットです。ディスプレイメーカーは現在UHDスクリーン形式で必要なハードウェアを供給しています。 UHDテクノロジーの出現は、モリブデンなど材料の純度に関して、より厳しい要求をもたらしています。

モリブデンは薄膜トランジスターの層構造の主要な構成要素で、それぞれの画素が輝く色を決定するのを助けます。一つのUHDスクリーンにこれらのトランジスターが数百万個あります。当社コーティングビジネス部門長のUlrich Lauseckerは「薄膜材料内の不純物は、トランジスターの微細構造に大きな影響を与えます。わずかなモリブデン層内の異物混入もスクリーンの全ピクセル不良の原因となります。」と述べています。

当社はモリブデンスパッタリングターゲットの主要メーカーの一つです。トランジスターシステムの主要な層はこれらターゲット材料にて形成されます。当社はモリブデン純度99.97%を保証している唯一のメーカーです。概して、実際の材料はこれよりさらに高純度です。そしてそれはプランゼーとスパッタリングターゲットが超高解像度テクノロジーの準備が整っていることを意味しています。

社内生産が保証する最高水準の材料純度

 

当社独自の製造工程により最高水準の材料純度が可能になります。それは三酸化モリブデン、言い換えれば、鉱石が処理されるところから始まります。それから自社還元過程で非常に高純度なモリブデン粉末が生産されます。また、当社はプレス、焼結やスパッタリングターゲット形状成形など終了段階まで責任を負っています。当社ではスパッタリングターゲットをお客様にお届けする前に、アジアに拠点を置く自社工場でボンディングしております。

全ての製造ステップが社内で行われているため、当社では他のいかなるターゲットメーカーもすることのできない方法で、最初の段階から材料を適切な品質で管理することができます。原材料でさえ我々のグループ会社から来ています。プランゼーグループは現在世界最大のモリブデン鉱石精製会社であるチリのモリメットの株式を14%取得しています。

タッチパネル展示会(Touch Taiwan2013)の当社ブースにお立ち寄りください。

 

プランゼーはまた、タングステン、銅、アルミ、モリブデン製スパッタリングターゲットをディスプレイメーカーに供給しています。さらに当社はタッチパネルに使用されるITOセンサーに接続する配線を形成するために高耐食性合金のモリブデンタンタルを製造しています。

プランゼースパッタリングターゲットとそれらの生産方法についての詳細は国際タッチパネル・光学フィルム展示会 (Touch Taiwan 2013)の当社ブースにお立ち寄りください。 Touch Taiwan 2013 国際タッチパネル・光学フィルム展示会 2013年8月28日~8月30日 TWTC Nangang Exhibition Hall, PLANSEE booth N206.

皆様のご来場をお待ちしております。

今すぐスパッタリングターゲットについてご興味がある方はこちらをクリックしてください。コーティング材料。