難加工金属に精通:プランゼー製工具

プランゼーの工具は苛酷な条件での使用が前提です: モリブデン、タングステン、およびタンタルは、難加工材として知られます。そして、その加工には、耐え得る工具が必要です。

しかし、心配はいりません。当社の工具で加工が可能です。当社では、モリブデン、タングステン、およびタンタルのプレス、ビート、パイプ、曲げ、しぼり、切断、ドリル、打抜きなど多岐の加工用途の為に工具を製造しています。また、近年、加工工具の形状はますます複雑化しています。これはつまり、プランゼーの工具設計者と製作者がすばらしい仕事をしているということです。

当社は、1921年の創業以来、工具を社内で製造してきました。当社の工具製造部門は、どんなに複雑な工具も外注しません。もちろん、工具の品質には常に最高を求めます。

プランゼーの工具製造責任者、Helmut Gasslerは、自社製工具のメリットを次のように説明しています。「難加工の金属材料を、亀裂や損傷を残さずに、複雑な形状に高精度で加工する事は、自社で設計し製造した工具でこそ可能です。」

当社の設計部門によって開発された鋼工具と超硬工具は、耐摩耗性が極めて優れています。冷間と最高1500℃の熱間成形という過酷な要求に対応するため、当社では最先端のテクノロジーを駆使して工具を製造しています。

また、当社の工具製造の能力は、長年に渡り社外にも認知されてきました。さまざまな業界のお客様が、当社が持つ加工の専門知識を活用し、当社が開発・製造した工具を実際に購入されています。粉末プレスや成形など、多種多様な加工工具は、競争の激しい自動車業界やエレクトロニクス業界でも確固たる地位を築いています。当社の工具は、これらの業界で、変速機やエンジン部品、また様々な電気接点の製造に使用されています。