韓国に新しい生産工場

Plansee Koreaは11月3日、新工場をオープンしました。工場立地は、首都ソウル南郊外の東灘( ドンタン)工業団地にある複数の大手顧客の事業所に近接しています。

この工場は、Plansee High Performance Materialsの国際生産ネットワークの重要な一部になっています。ここでは、エレクトロニクスおよび半導体業界向けに、コーティングその他の高性能材料が製造されます。

プランゼーは20年前、韓国に営業所を開設し、2011年には、ボンディング専門メーカーのTCBを買収・統合しました。「これから先は、まさにプランゼーの工場で製造していく、ということです」と、Bernhard Schretterは語ります。Schretterは韓国を「競争の厳しい市場」と位置づけています。ここでは、現地生産品で勝負する、最上質のサービスを提供する、そして画期的製品の開発を続ける、といったことが必須なのです。