EICC/GeSIによって認められたコンフリクトフリーのタングステン調達

2013年12月に実施された監査に続いて、Electronic Industry Citizenship Coalition(EICC)とGlobal e-Sustainability Initiative(GeSI)の監査委員会は、プランゼーグループの1部門であるGlobal Tungsten & Powders(GTP)が加工用のタングステンを紛争地域から調達していないことを確認しました。 GTPはこの認定を受けた世界初のタングステン生産業者です。

プランゼーグループ全体で統一されている購買方針の理念は、持続可能性の重視です。この方針に従って、グループ部門のGlobal Tungsten & Powders(GTP)もまた、社会的、倫理的、または環境保護的に問題のある供給源からの原料を一切使用しないことを保証しています。

GTPはプランゼーグループの一部というだけでなく、グループの主要なタングステンサプライヤーでもあります。GTPがタングステン原料を信頼できる供給源からしか購入しておらず、サプライヤーを選定する際に厳格な購入ガイドラインに従っているという事実は、EICC/GeSIによって公式に確認されています。GTPはこの認定を受けた世界初のタングステンメーカーです。

コンフリクトフリー製錬業者評価プログラム(CFS)の一環として行われるこの監査は、EICCとGeSIが進める共同事業であり、GTPはそれを自発的に義務として自らに課しています。プランゼーのお客様にとって、この認定はプランゼーグループが信頼できる供給源からタングステンを調達していることの確固たる証拠になります。

参照先:

 

 

Plansee’s sustainability measures, procurement policy and certifications:

さらにご質問がおありの場合は、 マーケティング・営業部門を統括するAndreas Feichtinger (andreas.feichtinger(at)plansee.com.)までお問い合わせください。