LED製造コストを低減する

LEDの製造メーカーやサプライヤーが、台北で6/18~6/20にかけて開催されたLED Lighting展示会に多数訪れる予定です。。参加者は製造コストの低減に役立つ開発ができるのではと期待を寄せています。

LED照明は、価格が下がるまで現実的に量販用製品とはなりません。タングステンやモリブデンから作られるプランゼーの構成部品は、LED製造工程の様々な段階で使用されており、特に、高温処理が要求される環境で役立ちます。サファイア育成はバリューチェーンの第一段階として、この展示会の1つの焦点となります。

サファイアは、タングステンまたはモリブデンるつぼで2,000℃以上に加熱され成長します。重要な成功要因は、温度調節、サファイヤ溶融の純度と使用ツールの高寿命化です。

プランゼー製品はサファイア育成工程の効率化にどう貢献できるでしょうか?

 

 

  • プランゼーの焼結るつぼは極めて純度が高い高密度材料で製造されます。これらはサファイア溶融への不純物の混入を防止し、理想的な工程温度をサポートします。1つの革新は非常に滑らかな、るつぼの表面です。これはサファイア育成を簡素化し、ダメージを受けにくくし長寿命化を実現します。
  • WVMから製造されるロッドヒーターは今展示会で初めて展示されます。この新しいタングステン合金(少量のカリウムを含有)は、非常にクリープ強度が高く、WVM製のヒーターは純タングステン製に比べ2倍以上の寿命を持ちます。
  • WVMは、その高い形状の安定性により、ホットゾーン用遮熱材として理想的な材料です。また、個々の構成部材に加え、プランゼーは完成された高温炉用ホットゾーンをご提供することができます。これらは、お客様の様々なご要望に合わせ、最小限の熱損失と信頼できる温度実現を確実にするため開発されています。

皆様のご来場をお待ちしております。 18th-20th June Taipei, TWTC Nangang Exhibition Hall Booth # L602

プランゼーの製品はサファイア育成のために使用されているだけではありません。当社は、今展示会で、LED製造における多くのソリューションをご提供しております。:MOCVD(有機金属化学気相成膜法)用リアクター構成部品および発熱体、コーティング材料用蒸着ボート、LED半導体用ウェハ、そしてプランゼーグループ企業GTPの蛍光体など。