Planseeが火星での酸素産生を可能にするコンポーネントを提供

目標は大きく:赤い惑星での有人探査を可能にする火星の酸素工場。NASAの作成探査機「パーセベランス」が酸素産生用のPlansee製金属コンポーネントを搭載して火星着陸に成功。

Image: OxEon, Plansee Group

アンディ・ウィアーは、彼のベストセラーSF小説「火星の人」で火星における有人探査に最も重要なのが酸素供給であることを説明しています。この小説では、砂嵐によって火星でのミッションが中止されました。残念ながら、悲劇的な事故により技術者が火星に置き去りとなり、彼は次の探査が到着するまで火星で生き残ろうとします。

アンディ・ウィアーが生き残るために使用する最も重要なものが元来「燃料発生器」として設計されたシステムです。このシステムは火星大気中の豊富な二酸化炭素供給を濃縮し、それを酸素に変換します。これは、レスキューカプセルの燃料に点火し、火星表面に残されたクルーを救済するのに必要です。しかし、これは呼吸可能な空気の重要な構成要素でもあります。

これまでの火星探査旅行はすべて片道切符で、クルーはロボットで構成されていました。NASAは小説で描かれているような段階にはまだ至っていません。しかし、「酸素産生器」の1/100規模の試作、MOXIEの開発により、大きな一歩を踏み出しました。この試作は「パーセベランス」に搭載され、2021年2月18日木曜日、無事火星に着陸しました。

MOXIEは燃料電池と同じように機能します。ガス転換は固体酸化物電解質燃料電池で行われます。これは最高品質の素材と高精度な製造によって実現された驚くべき装置です。Planseeはこれに必要な金属板(連絡管)を開発・製造しました。これらの連絡管はガスを電池に流し、そこで火星大気の二酸化炭素を酸素に転換します。非常にシンプルなようですが、これを実現するため、Planseeの多くの研究者と開発者が大変な労力を費やしました。「この非常に複雑なコンポーネントを最大限の精度で製造するため、当社のエキスパートたちがPlanseeの粉末冶金のノウハウをすべて集結させました」と、Plansee Groupでボード・スポークスマンを務めるKarlheinz Wex氏は述べています。これは大きな成功でした。酸素産生が今後数か月内に予定通り開始されると、MOXIEは1時間あたり20グラムの酸素を産生し、火星で最低でも50作業日を完了することになります。