Quintus製の画期的な熱間等方圧プレス用チャージキャリア

クインタス(Quintus)製システムの最大の特徴は、信頼性とイノベーションです。高性能および長い耐用寿命はどんな部品にも求められることですが、熱間等方圧プレス(HIP)の部品のように、使用条件がますます厳しくなっていく部品では特にそうです。生産性を高めるため、オペレーターはシステムで扱う荷重をできるだけ大きくしようと努力しています。新しいプロセスの多くは、きわめて高い使用温度で実施されます。したがって、このような条件に耐えられるようにシステム全体を設計する必要があります。圧力容器内のガス圧が2000バールにもなる場合、許容できる余地などほとんどありません。クインタス(Quintus)は、お客様のために利用できる技術の限界を拡げることに何度も成功し、真に競争力の高いシステムを開発してきました。高融点金属製のシステム部品に関して、クインタス(Quintus)は長年、プランゼーを信頼できるパートナーに選んできました。

一例を示します。プランゼーは最近、新しいクインタス(Quintus)製HIPシステム専用のチャージサポートを設計しました。この部品は比較的単純なもののように見えますが、使用条件を見るかぎり、設計は実に難しい作業になるものと予想されました。クインタス(Quintus)は、1400°Cの使用温度で最大25トンに耐えられる、長寿命の支持体を求めていました。

最初からわかっていたことがひとつあります。このような負荷に耐えられるチャージサポートは市場に存在しないということです。プランゼーもこのような要件を満たすチャージ支持体を作ったことはありませんでした。クインタス(Quintus)の依頼を受けて、プランゼーの設計者たちは各種の超高強度モリブデン合金を使用することを部分的なベースとし、まったく新しいチャージサポートのコンセプトを開発しました。


プランゼーには材料科学者たちが持つ膨大な知識があるとはいえ、この種のプロジェクトはFEM(有限要素解析)チームの参加なしでは考えられません。プランゼーでは、何種類かのモデリングおよびシミュレーションの技法を使用し、また精密な熱機械的計算を行うことにより、異なる使用条件でのコンポーネントの限界を予測し、課題への複数のソリューションを調べます。

クインタス(Quintus)はまたもやプランゼーと組むことによって、実行可能技術の限界を押し広げることができました。


「クインタス(Quintus)のようなHIP技術を推進する大胆なプロジェクトを取り入れたビジネスを行うプラントメーカーには、新しい道を進む意欲と能力のあるサプライヤーが必要です」と、プランゼーのThermal Processes部門営業統括のDr. Bernd Kleinpaßは言います。「このような理想を実現する決定的な要素は、担当スタッフの熱意を伴う当社の革新力です。それだけではありません。プランゼーには、理想の実現に必要な生産能力と生産設備もあるのです」