プランゼーグループとは

プランゼーグループは、高融点金属であるモリブデンタングステンの生産、加工、販売に注力しています。また、プランゼーグループは、持続可能な原料供給に尽力しています。

「2008年にGTPがプランゼーグループに加わったこと、そしてMolymetの株式保有により、主要原料であるモリブデンおよびタングステンの長期確保の面で戦略的な一歩を踏み出しました。」
(プランゼーグループ執行役員会議長のDr. Michael Schwarzkopf )

プランゼーグループ Global Tungsten & Powders Plansee Group Molymet Ceratizit

プランゼーグループは3つの部門と1つの持株会社から構成されています。

  • Plansee High Performance Materialsは、高融点金属を材料とする製品を
    生産しています。
  • Ceratizitは超硬切削具を製造しています。
  • GTPはプランゼーグループにタングステン精鉱を供給しています。
  • Molymetはプランゼーグループにモリブデン精鉱を供給しています。

こちらは「Plansee High Performance Materials」部門専用サイトです。
Plansee-Group Holding の詳細については www.plansee-group.comをご覧下さい。

プランゼーメタルはここが違う

タングステン、タンタル、モリブデンはなにより耐熱性に優れた金属です。鉄や鋼は1600°Cでも融けだしますが、プランゼーの材料は、その程度の温度では変化しません。融点が高いので、高温炉のヒーターや照明器具の白熱フィラメントなどの用途に適しています。電気開閉器の接点では、優れた電気熱伝導性がものをいいます。また、薄型テレビや太陽電池の導電性薄膜の材料としても、プランゼーの合金はその熱膨張率の低さで群を抜いています。だからこそ、家庭のリビングで驚くほど鮮明な画像が映され、クリーンエネルギーにも利用できるのです。

プランゼーグループの 事業報告

 

 

プランゼーグループの
事業報告