エレクトロクロミックガラス:
タングステン薄膜がブラインド効果を引き出します

高層ビルが立ち並ぶ昨今、シンプルで効率のよい冷房システムが不可欠となっていますが、スマートガラスのテクノロジーがその一端を担っています。透明度を自在にコントロールすることでビル内を最適な温度に保ちますが、車の防眩ミラーでも同様の原理が使われています。最近では幅2m以上もの大型のスマートガラスが作られるようになっており、高層ビル内の快適な環境整備に一役買っています。

タングステン・ニッケル スパッタリングターゲット
エレクトロミック層用タングステン・ニッケル スパッタリングターゲット

スマートガラスでは微弱電流によるスイッチング作用を利用したもので、透明から濃紺まで幅広い色調をシームレスに変化させ、且つその色を簡単に固定化することができます。

“スマートウィンドウ”のはたらき

プランゼーのスマートウィンドウ用薄膜材料

プランゼーではスマートウィンドウのエレクトロクロミック層を
生成するためのスパッタリングターゲットを製造しています。
具体的にはタングステンやタングステン-ニッケルのスパッタリングターゲットを製造しており、当社のお客様はリアクティブスパッタリングでエレクトロクロミック特性のある酸化物層を生成します。

WNiスパッタリングターゲットの詳細はこちらからご覧下さい。
タングステンスパッタターゲットの詳細はこちらからご覧下さい。