医療テクノロジー用部品

プランゼーのTZM、MHC、タングステンレニウム合金、銅タングステン製の固定陽極X線ターゲットは、X線装置CTを用いた医療診断分野で、医療機器メーカーからご信頼をいただいております。たとえば、プランゼーのX線管検出器部品は、現在ではローター、軸受部品、カソードアセンブリー、エミッター、 CTコリメータなどのかたちで最新の画像診断装置の主要部品の一端を担っています。

X線は電子の入力エネルギーの99%が熱に変換されますが、プランゼーの金属製品はX線システム内での確実な熱管理をお約束します。

X線管用散乱電子トラップ
X線管用散乱電子トラップは、X線ターゲットの焦点からの後方散乱電子を捕捉して、X線管の動作を安定させます。

放射線治療の分野では、正確な放射線照射に貢献しています。この分野では、絶対的な精度と妥協しない品質が不可欠です。プランゼーの高密度なタングステンヘビーメタル合金Densimet®マルチリーフコリメータシールドには、目標から1mmもそれてはならない高い精度での機械加工技術が要求されます。当社の加工技術は、放射線がピンポイントで病変組織に照射され、健康な組織は保護しながら、腫瘍だけを高精度で照射する設計を実現しました。

医療製品の品質要求に応えるため、当社では厳しい管理を徹底しています。プランゼーの製品は、原料を還元してメタルパウダーにするところから始まります。そうして初めて、プランゼー製品の高い材料純度を実現することができるのです。パウダーはプレスして金属材料となりますが、当社では特殊な成形法や機械加工技術のほか、最先端のコーティング、接合技術も用いて、最高の性能品質を持つ複雑な部品を製造することが可能です。

先端医療に貢献できることは当社の誇りです。