含浸

含浸金属複合材料は2つの金属成分から構成されています。二段階の製造プロセスでは、まず、たとえば高融点金属など、融点の高い成分から多孔質の焼結基材を製造します。その後、融点の低い成分を溶融させ空孔に含浸させます。個々の成分の特性は元の状態にとどまります。顕微鏡下で観察すると、以前と同様に個々の成分の特性が見られます。しかし、マクロレベルでは、個々の成分の特性が結合されています。たとえば、新しい材料では、熱伝導性や熱膨張率の数値が変化していることがあります。