モリブデン、銅モリブデン製ウェハー、基板

LED照明の耐久性を上げるには、信頼性の高い部品が不可欠です。プランゼーのモリブデン、銅モリブデンウエハーを採用することで、10万時間を超えるLEDチップのライフアップが試算されています。

LED用ウエハー基盤

LEDチップの半導体層は電流を光に変えます。ここは電子が過剰に存在する領域(n型)と電子が不足している領域(p型)で構成されています。この半導体層に電流を印加すると、電子の過不足が相殺されます。その結果、光子のかたちで光が放出されます。残りのエネルギーは熱として放出されます。

将来、LEDはますます明るくなり、動作温度も上昇します。プランゼーは、上昇する温度と熱に適切に対応するためにモリブデンウェハーと銅モリブデンウエハーを開発しました。前者はサファイアまたはシリコン(Si)ベースのLEDチップの張り替え基板として使用され、後者はサファイアベースのLEDチップの張り替え基板として使用されます。

各々のウエハーはLEDチップの半導体層に800°C程度の温度でボンディングされ、張り替えられます。サファイアベースのLED用に開発されたR670は、はんだ付けのプロセスや、LEDチップにおける長期の放熱を想定しており、アルミナ(Al2O3)と同等の熱膨張率を有するため、はんだ層や半導体層に影響する歪みの発生を最大限に防ぎます。

銅モリブデン材料R670の熱伝導率

銅モリブデン材料R670の熱伝導率(TC)は170W/mK(於20°C)であり、142W/mKの純モリブデンの熱伝導率より高い放熱性能を誇ります。

プランゼーのモリブデン、銅モリブデンウエハーは、厚さ0.05mm以上、最大300mm (12インチ)で提供が可能です。また8インチ以上の大型の径への対応も可能です。サンプル対応もいたしますので、その際にはご希望の表面粗さ、平坦度などの仕様をご連絡ください。

6,7 ppm/K
この数字は、LEDメーカーにとってとても重要な数字です。セールス・マーケティングマネジャー(北アメリカ、エレクトロニクス部門)のJim Palomboが2分でご説明いたします。

モリブデン、銅モリブデンウエハーは表面コーティングの施工が可能です。例えばニッケル金コーティングにより耐酸化性や耐食性を持たすことができます。さらに、このコーティングはリフレクター層やヒートスプレッダとの接合時のインターフェイスとしても機能します。他には、ルテニウム、クロム、銀といったコーティングをお選び頂けます。

コーティングにはPVD法を採用し、高純度且つ均質なコーティングを提供します。ご要望に応じてめっきでのコーティングも承ります。

一貫生産がもたらす最高品質

プランゼーは、製品の製造をすべて社内で行っています。原料から最終製品まで、新しい材料。

原料<br/>(酸化物)
還元
混合
混合
金属粉末と混合粉末を2 t/cm²の圧力をかけてプレスし、いわゆる圧粉体と呼ばれるものを作ります。何か特別な形のものが求められる場合はプレスの段階で、圧粉体がその仕様にあうように
プレス
焼結
成形
熱処理
処理
機械加工
接合
コーティング
品質
保証
リサイクル
お住まいの地域の担当者
お住まいの国を選択してください:
Jim Palombo
お電話でのお問い合わせ::
+1 508 918 1230
メールでのお問い合わせ::
jim.palombo@plansee.com
Jim Palombo