タングステンフィラメント

シンプルな電球から、特別用途のハロゲンランプまで、多くの照明機器で必要としているのが、形状維持が可能な高品質タングステンワイヤーの白熱フィラメントです。耐久性、光収率、信頼性、機械的安定性など、照明用フィラメントで材料に求められている特性は膨大にあります。その要求に対してプランゼーが出した答えがNS(ノンサグ)タングステンです。プランゼーのタングステンワイヤーは、高い耐クリープ性を持ちノンサグを実現しています。

細線
プランゼーは寸法安定性のある細線からハロゲンランプ用のフィラメントを製造しています。

プランゼーのNSタングステン(W NS)は、アルミとケイ酸カリウムをドープしています。60~65ppmのカリウムを加えて特殊な熱機械処理を行うことで、結晶粒が延伸して交錯し積層化された微細構造を実現しました。太さ0.24mmのW NSワイヤーの再結晶は2100°Cから始まり、2300°Cで100%に達します。ドープ量を最適化した当社のワイヤーは、高濃度にドープされたタングステンワイヤーより優れた寸法安定性を持ち、より高い延性や高温クリープ耐性も発揮します。

タングステンワイヤー製フィラメント
タングステンワイヤー製フィラメント

タングステンは99.99%以上の純度を保証いたします。

タングステンは99.99%以上の純度を保証いたします。十分に制御され安定したプロセスの前提条件としては申し分ないレベルです。さらに、材料の品質は「スプリットレベル」で定義しています。これは、放射状の亀裂の発生頻度、形状、長さ、深さを判定する方法で、渦電流試験を用いて測定します。

プランゼーのW NS細線は、径15~300µm、径公差1%、洗浄・電解研磨した表面で、歪み取り矯正または焼鈍してお届けします。非常に小さな径公差で製造しており、均一な機械特性と低い「スプリットレベル」を保証いたします。線引き加工と熱処理の工程は、優れた高温クリープ特性を実現し、亀裂や破損の可能性を最低限に抑える様に設計されています。

再線引き用ワイヤーは、径800~1300µmで、グラファイト被膜除去前の状態(黒皮)をコイル状でお届けします。再線引き用ワイヤーの品質は、お客様の再線引き工程や仕様に厳密に適合させることができます。

負荷に耐える、MoILQ芯線

MoILQワイヤーは白熱フィラメント製造の芯線として使用します。タングステンワイヤーを芯線に巻き、応力除去熱処理時や、その後の処理工程でタングステンフィラメントを支持し、保護します。

MoILQの生産工程では、純モリブデンに300ppmの酸化ランタンをドープします。これにより再結晶温度が上昇します。再結晶中にも、均質に延伸した微細構造によってMoILQの延性は保たれています。白熱フィラメント生産のための熱処理後のMoILQワイヤーを純モリブデンのワイヤーと比較すると延性が大幅に優れている事がわかります。

プランゼーでは、モリブデンにドープする添加物量に厳しい公差を設定しており、酸化ランタンが均一に分布するよう厳密に管理しています。それにより、優れた線引き特性が得られます。

MoILQの特長:

  • 再結晶後も延性を維持
  • 均一な機械特性
  • 優れた線引き特性

芯線は、径20~50µm、黒皮または電解研磨した表面で、スプールに巻き、すぐに使える状態でお届けいたします。

MoILQ再線引き用ワイヤーは、径0.3~3.2mm、グラファイト被膜除去前の状態(黒皮)で、スプールかコイル状に巻きお届けいたします。

その他、特別なご希望がありましたら、弊社担当者までお問い合わせください。

製造はすべて一元管理

プランゼーは、製品の製造をすべて社内で行っています。新しい材料の開発から、原料、最終製品まで、すべて一元管理です。だから、最高の品質を保証することができます。

原料<br/>(酸化物)
還元
混合
混合
金属粉末と混合粉末を2 t/cm²の圧力をかけてプレスし、いわゆる圧粉体と呼ばれるものを作ります。何か特別な形のものが求められる場合はプレスの段階で、圧粉体がその仕様にあうように
プレス
焼結
成形
熱処理
処理
機械加工
接合
コーティング
品質
保証
リサイクル
お住まいの地域の担当者
お住まいの国を選択してください:
Jim Palombo
お電話でのお問い合わせ::
+1 508 918 1230
メールでのお問い合わせ::
jim.palombo@plansee.com
Jim Palombo