お住まいの地域の担当者
お住まいの国を選択してください:
Perla Ramirez
お電話でのお問い合わせ::
+52 (442) 295 89 91
メールでのお問い合わせ::
perla.ramirez@plansee.com
Perla Ramirez

中電圧用銅クロムスイッチ接点

工業用、家庭用電力の電圧は1~72.5kVの範囲にあります。中電圧用接点の真空遮断器での電気回路の断続では、銅クロム接点が頼りになり、場合によっては145kVまで使用されます。

銅クロム(CuCr)スイッチ接点

銅は接点材料の電気・熱伝導性を改善し、最適な電流を流す上で重要な条件を整えます。スイッチ接点が開いて回路が遮断されると、その結果、アークが発生し、材料にかなりの負荷がかかります。そこで耐熱性クロムが使用されます。クロムは耐アーク特性を高め、溶着性を低下させます。そのため、銅を多く含む接点が溶着されるのを防ぐことができます。 また、クロムは酸素親和性があり、スイッチング動作時に酸素を吸収するゲッターの働きをします。

銅クロム(CuCr)スイッチ接点

銅とクロムの組合せは、以下のような特性があり、優れた性能を発揮します。

  • 機械的強度が高い
  • ガス含有量が少ない
  • 優れた耐アーク特性
  • 短絡電流の消失がきわめて良好
  • 低い溶接性
  • ニアネットシェイプの生産
  • 10kAまでの遮断容量
  • 裁断電流 < 6kA

混合による最適化

プランゼーでは材料組成をさまざまに変化させて用途に適した銅クロムを作成しています。頻度の多寡にかかわらず、消弧時の裁断電流は低く抑えることが重要なので、クロムの含有率は25重量%にしたいところです。しかし、耐消耗性や耐摩耗性を下げるわけにはいかないので、クロム含有率は40~60%のときに最善の結果が得られると考えています。

当社はISO9001に基づき、全てのクロム銅スイッチ接点を製造しています。さらに、当社のスイッチ接点のデザインには制限がありません。デザインや適切な材料の選択については、プランゼーグループの専門家にお任せください:PLANSEE Powertechは、当社の送配電分野のコンポーネント、製品、材料の生産拠点です。

当社の真空遮断器用や電極支持材のクロム銅材料をご覧ください:

材料CC-98CC-75CC-70CC-57
電気遮断 ο++++++++++++
燃焼性質ο+++++++++++
電気伝導度ο+++++++++
裁断電流ο+++++++++
耐摩耗特性ο+++++++++
容量遮断ο++++++++++
クロム含有量 (%)2253043
銅含有量(%)98757057
O content [ppm]150650675700
H content [ppm]55510
N content [ppm]15100105110
密度[g/cm3]8,708,057,907,60
硬度 [HV30]110
(HB62.5/2.5)
707585
電気伝導度 [m/Ωmm2]48312821
溶接性ο++++++++++

++++ とても良い  +++ 良い ++ 満足できる CC-98は、接点材料の電極支持材として使用されます。 上記の表は、標準的数値の目安となるものです。構造およびデザインについては、当社のより詳細な仕様をお尋ねください。

銅クロム(CuCr)スイッチ接点

これは真空遮蔽器に使用されている当社のクロム銅材です。特に接触面は摩耗耐性の高い材質でなくてはなりません。ぜひ、当社のクロム含有率の高い材料、CC75, CC70, および CC57をお使いになることをおすすめします。

お客様のアプリケーションに最適な材料の組み合わせをお選びいたします。

寿命と粒子について

粉末冶金法でのCuCr接点材料の製造に、プランゼーでは高性能のクロムと銅の粉末のみ使用します。これをニアネットシェイプにプレス・焼結し、機械加工を施して最終製品のスイッチ接点に仕上げます。その結果できるのは、きめ細かく、均質な微細構造です。プランゼーの材料が特別長寿命なのは、ここに秘密があります。

粒子の細かい材料では、点火電圧が高くなる特長があります。また、表面がスムーズになる為、スイッチング動作時にアークが均一に行き渡ります。これらは多くの実地試験で証明されていますが、溶融法で製造した製品と比べると、プランゼーのスイッチ接点の寿命がはるかに長くなる理由です。溶融法で製造した接点材料では材料が均一に分布しづらく、銅が部分的に集まることでアーク消耗が起こり、スイッチ接点が破損することがあります。

当社材料をご覧ください:

銅クロム
CC98
銅クロム
CC75
銅クロム
CC70
銅クロム
CC57

焼結により生産されるクロム銅接点材料は、より高電圧範囲で遮断の遅延現象(LBD)を発生させる原因となる少量の巣を含む事があります。これは仕様用途によっては、遮断器の遮断容量に影響します。そこで、焼結後の再プレス等による巣の低減を行う事で、導電率や熱伝導率を向上させる事ができます。また、巣の低減は遮断容量を向上させます。

優れた純度で再点火を予防

接点材料の純度はそのスイッチング特性に大きく影響します。酸素含有量が少なければ少ないほど、再点火が起こる確率は小さくなります。プランゼーでは、純度の高い材料を使用しています。どうぞご相談ください!用途に最適なスイッチ接点を設計いたします。

パワーエンジニアリング製品はほかにも

中電圧用、低電圧用の接点材料もお探しですか? 銅タングステンタングステンカーバイド銀については、こちらから。