Online ShopMy Plansee
ホームページ
Online ShopMy Plansee

26/05/2022

プランゼーセミナー:25か国のエキスパートがロイッテに集結

4年に1回、耐火物金属と炭化物に基づくアプリケーションの専門家が、オーストリアのロイッテ、ブライテンヴァングにあるプランゼーグループの拠点に集まります。今年のプランぜーセミナーは、5月30日から6月3日に開催されます。5日間にわたり、研究、教育、ビジネス、産業界の200名以上の代表者が講演を行い、ポスターを張り出します。

Heinrich Kestler
ハインリッヒ・ケストラー、組織チーム長

材料、粉体製造、加工に関する研究、耐火物金属の持続可能性、炭化物の領域における新しい応用、粉末冶金の世界を巡る科学的探検などのトピックが予定されています。木曜日に開催される晩餐会イベントは、この祭典のハイライトとなります。

プランゼーの中央研究開発部門の責任者であるハインリッヒ・ケストラーは、ロイッテの拠点のトップクラスのチームとともにプランゼーセミナーを開催しています。彼にインタビューしました。

プランゼーセミナーとは何ですか?
プランゼーセミナーは、研究、教育、ビジネス、産業界の専門家が集う科学大会です。参加者は皆、耐火物金属や炭化物に基づくアプリケーションに対する関心と情熱を共有しています。参加者は世界中から集まり、今年は25カ国から登録がありました。プランゼーセミナーは通常4年ごとに開催され、今年は2022年5月30日から6月3日まで行われます。開催地は、伝統的にプランゼーグループの本社があり、その力が結集されているロイッテとなっています。

セミナーは科学的な交流で盛り上がりますが、ここでは何が提供されるのでしょうか?
現在、講演とポスター発表で220名以上の登録があります。講演は主要なトピックに分類され、ロイッテにあるプランゼーの大会議室で行われます。プログラムは、ブロックにおける耐火物金属と炭化物のトピックを交互に取り上げる予定です。ポスターは5日間のセミナー期間中、いつでも閲覧することができます。ポスターを魅力的に展示するために、今回も工場敷地前の見学者用駐車場に仮設の会議センターを設置します。また、「ポスターイブニング」を開催し、ポスターの展示と飲食を行い、来場者がテーマについて出会い、議論し、ネットワークを構築し、意見交換をする場と機会を提供します。

主なトピックはありますか?
まず、耐火物金属と炭化物に関するトピックの中心が、炭化物にシフトしています。材料と材料開発、粉末製造・加工、プレス・焼結・成形などの粉末冶金プロセスに関する研究成果は当然のこととして、今年は、炭化物のリサイクル、異なる技術を用いた付加製造プロセス、コーティングや接合技術などのトピックに新しい発見があり、引き続き強い関心を集めています。また、モリブデンやタングステンといった材料では、高エントロピー合金という新しい研究分野もあります。これは、複数の合金化元素をほぼ等しい割合で合金化した材料であり、全く新しい特性を実現できる可能性を秘めています。このテーマに関連する研究者の研究室では、非常にエキサイティングな洞察が得られると期待しています。

ロイッテのプランゼーセミナーには、何名のゲストが参加されるのでしょうか?
コロナウイルス、ウクライナ戦争、旅行制限、特に中国からの旅行制限による影響は避けられないでしょう。そのため、今年は世界中からお迎えする科学者、研究者、技術者、アプリケーションの専門家の数が、例年より少なくなることは間違いないでしょう。しかし、そのような状況にもかかわらず、300名を超える参加者を迎えることができるのは喜ばしいことです。これは、プランゼーセミナーが、創設から70年経った今でも、世界中で大きく注目されていることを示すものです。

プログラムの見どころは?
個人的に楽しみにしている技術的なハイライトはたくさんありますが、中にはまだ発見されていないものもあり、また参加者それぞれの個性もあるでしょう。伝統的に、月曜日の朝のオープニングイベントは特に興味深いもので、私はその時の次のプレゼンテーションを楽しみにしています。Hermann Walser氏には耐火物金属の持続可能性について、Susanne Norgren氏には炭化物の世界における新しい開発と応用について、Herbert Danninger氏には第20回プランゼーセミナーを機に過去70年間の粉末冶金の世界における科学的展開について話していただく予定です。もうひとつのハイライトは、木曜日の夜に開催される晩餐会イベントです。

発表会へのグループ社員の参加率はどの程度ですか?
参加率は非常に高いです。プランゼーセミナーで行われる24の発表は、社員によって行われたものか、社員が参加して作成されたものです。発表テーマは、超硬合金、耐火物金属、コンポジット、生産、リサイクルなど、あらゆる分野をカバーしています。予備プログラムはこちらでご覧いただけます:第20回プランゼーセミナー(plansee-seminar.com)。

プランゼーセミナーはいつから始まり、焦点は変わってきたのでしょうか?
プランゼーセミナーは、プランゼーグループの創業者であるポール・シュワルツコフが提唱し、1952年に第1回が開催されました。今年で20回目の開催となります。プランゼーセミナーは、以前はより広い範囲(粉末冶金全般)を対象としていましたが、近年は粉末冶金で製造される耐火物金属や炭化物に焦点をあてています。Herbert Danninger氏は、オープニングイベントのプレゼンテーションで、プランゼーセミナーの歴史について詳しく教えてくれます。

国際社会でのプランゼーセミナーの評判は?
それは、コミュニティに聞くしかないでしょう。しかし、プランゼーセミナー終了後のアンケートから、参加者が講演やポスター発表の質、さらにサポートプログラムやフレンドリーな雰囲気に非常に満足していることがわかります。今年も世界中から集まる科学者仲間に、トップクラスの魅力的なイベントを提供するために、私たちはできる限りのことをしています。

プランゼーセミナーは、国際的な研究コミュニティで高い評価を得ています。創業者であるポール・シュワルツコフの提唱により1952年に始まりました。

プランゼーセミナーの詳細