Online ShopMy Plansee
プランゼーグループ
ホームページ
Online ShopMy PlanseePlansee Group
ホットランナーノズル製品群

ホットランナーノズル用ノズルチップ

プラスチック射出成形は、プラスチック製品を製造するためのプロセスです。これは、液体のプラスチックをホットランナーで搬送し、ホットランナーノズルを介して金型に注入することで行われます。弊社は、このプロセスの特別な要件に合わせて、ノズルチップの材料を最適化しました。

一目でわかるメリット:

  • 140W/mKの高い熱伝導率

  • 優れた耐熱性と耐腐食性

  • 特殊な表面硬化処理により高い耐用年数を実現

  • 優れた機械的加工性

製品仕様書はこちらからダウンロードできます。

TZMロッド仕様

高熱伝導性のTZM

ホットランナーノズル

多くのプラスチックは、処理温度の範囲が非常に狭いです。少しでも温度が高すぎると、素材が破損する可能性があります。急激に温度が下がると、プラスチックが固まってしまい、金型への最適な流れができなくなります。そのため、 ホットランナーノズルの 熱伝導が重要になるのです。

プラスチックを適温に保つために、ノズルは加熱コイルで外部から加熱されます。そして、最後の最後、ノズルの先端部分だけは、それ以上の加熱装置を使いません。つまり、加熱されたノズル自体がプラスチックに熱を伝える必要があるのです。

ここで重要なのが、 素材の熱伝導率です。鉄のような一般的な金属では、これが不十分なのです。銅は非常に高いレベルの熱伝導率を持っていますが、摩耗性の高いプラスチックや機械的な負荷には耐えられません。

そこで開発されたのが、チタン-ジルコニウム-モリブデン(TZM)です。TZMは熱伝導率が140W/mK と特に高く 、耐熱性、耐腐食性も非常に優れています。また、特に高い硬度が必要な場合は、加工後にSHN処理を行うことで、TZMをさらに硬化させることができます。TZMは、超硬合金(タングステン-カーバイド)に比べて加工しやすいのが特徴です。

SHNプロセスによる表面硬化

ガラス繊維強化プラスチックは、工具に非常に高い研磨負荷がかかるため、メーカーにとっては特に難しい素材です。製造工程では、ホットランナーシステム、特にホットランナーノズルに大きな負担がかかります。そのため、熱伝導率と材料硬度の最適な組み合わせが求められます。そこで弊社は、TZMノズルチップ の硬度 を高めるために、 SHN表面硬化処理を開発しました。

SHN表面硬化処理では 、永久的に密着した拡散層を追加することで、TZM部品 の表面と全体を強化することができます。その結果、お客様は耐摩耗性のある表面と加工しやすい材料を手に入れることができます。硬化は気相で行われます。SHNプロセスで生成されたコーティングは、従来のPVDやCVD層よりも密着性が高いです。TZM部品の表面形状を完全に再現しています。

SHNで硬化させたホットランナーチップのマイクロセクション