Online ShopMy Plansee
プランゼーグループ
ホームページ
Online ShopMy PlanseePlansee Group
押出成型ダイインサート

モリブデン-ハフニウムカーバイド製押出ダイス用インサート

押出プレスは、黄銅、銅・ニッケル、アルミ・青銅などの非鉄金属や、ステンレス鋼を、棒、線、管などに成形するための機械です。まず、金属片を成形温度まで加熱し、ラムを使って金型から押し出します。これにより、金属の外形が形成されます。

押出ダイスは高い機械的圧力にさらされます。また、加工中のダイとワークの間には、非常に高いレベルの摩擦熱が発生します。炭化ハフニウムを少量添加することで、モリブデンを押出成形機での長い使用に耐えられるようにしています。

一目でわかるメリット:

  • 最適な寸法安定性

  • エッジングされたプレスプロファイルにクラックが発生する傾向が少ない

  • 高い温安定性

  • 良好な熱硬性

  • 低熱膨張率

  • 高い熱伝導率

製品仕様書はこちらからダウンロードできます。

MHCインサート仕様

寸法安定性を高めたMHC

モリブデン-ハフニウムカーバイド(MHC)は、特に耐熱性が高く、高い熱伝導率と低い膨張係数を持っています。MHCは、1550℃までの使用温度でも形状を維持します。MHCは800℃までのダイインサートの使用に適しています。それ以上の温度では、MHCをフルダイに使用することをお勧めします。 

MHCのダイは、スターターホールを開けたディスク状のものと、開けていないものがあります。

MHCの最適な加工方法

ドリルでの加工

  • 超硬ISO HW-K15
  • ポイントの角度:120度
  • クリアランスの角度:10度
  • 切削速度:80m/分(切削乳剤使用時)
  • フィード:0.01 – 0.05 mm

旋削:

  • 超硬ISO HW-K15
  • レーキ角度:25度
  • クリアランスの角度:7度
  • 切削速度:100〜150m/分(切削乳剤使用時)
  • フィード:0.05 – 0.20 mm
  • 切削深さ:最大3mm

研削

  • 炭化ケイ素製研削砥石
  • スピード:28 m/s

スパーク放電

  • WCu電極
  • ワイヤー浸食可能

弊社の材料の加工に関してご質問がありましたら、喜んでお手伝いいたします。

新しいダイを使用する際のヒント:

  • 温度

    最初の押し出し作業の前に、ダイを少なくとも350℃に加熱します。プレス作業の合間には、ダイスの温度が250℃以下にならないようにします。使用後は、ダイを常温まで冷却してください。MHCダイは水で冷却しないでください。

  • ダイインサートの縮み

    熱膨張率が低いにもかかわらず、MHCインサートの収縮率は5.6 - 10-6 m/m - Kと非常に扱いやすい。各所にカシメを施すことで、インサートがホルダーから抜けるのを防ぐことができる。最初の押し出し作業では、ワークピースに形状を与える摺動面の領域で、ダイが0.1~0.15mm後退することがあります。この影響は、その後のプレス工程で適切な補正を行うことで再び解消されます。補正後も金型は変形せず、寸法的にも安定しています。

  • ヘアラインクラック

    インレットの半径部分にヘアラインクラックが発生することがあります。これは部品の機能を損なうものではありません。このヘアラインクラックにプレス材が付着した場合のみ、ダイの再加工が必要となります。このような場合には、目の細かいリネンクロスとダイヤモンドペーストを用いた手作業による研磨をお勧めします。