Online ShopMy Plansee
プランゼーグループ
ホームページ
Online ShopMy PlanseePlansee Group
放電加工用電極

放電加工用SPARKAL®放電加工機用電極

放電加工(EDM/放電加工)は、焼き入れされた鋼、チタン、カーバイドなどの非常にハードマテリアルでも加工することができます。これは熱による侵食法で、電極と加工する導電性のワークの間で放電が発生します。飛び散る火花がワークから小さな粒子を剥離させ、これを正確にコントロールすることで、必要な形状や表面を得ることができます。

弊社のタングステンベースのEDM電極は、その組成と微細構造により、比類のない性能を保証しています。そしてそれは過去60年に渡って実現されてきました。弊社は、スパーク放電加工用の特殊なWCu材料であるSPARKAL®EDM放電加工電極を開発しました。

一目でわかるメリット:

  • 低摩耗 

  • 最適なエッジの切れ味

  • 優れた加工性

  • 高い効率性

  • 黒鉛を使用していないため、健康への影響がない

鋼や超硬合金を加工する際のメリット

弊社は、タングステン重合金の研究者と開発者の献身的なチームによって、Sparkal®電極の高い品質を保証しています。弊社は、お客様との密接な協力関係のもと、常に製品の最適化を図っています。その結果は素晴らしいものです。

高い耐摩耗性
タングステンの高い融点(3420℃)のため、WCu電極は銅やグラファイト電極よりもかなり長い寿命を持ち、特に複雑な機械加工を受けた小型の電極に適しています。複雑な電極の製造コストは純粋な材料コストをはるかに上回ることが多いため、Sparkal®を使用することは、電極の耐用年数による大幅なコスト削減につながります。

非常にシャープな輪郭
SPARKAL®EDM電極の低い摩耗レベルは、純粋な銅や黒鉛電極を使用する場合よりも、アークを正確に集中させ、ワークに高い幾何学的精度を達成することを可能にします。製品を高精度に加工し、低い加工公差を実現することができます。

高い表面品質
Sparkal®を使用すると、優れた表面品質が得られ、特に電極の円運動が不要になります。これは、Sparkal®の微細で均一な粒子と気孔のなさによるものです。

非常に優れた加工性
Sparkal®が提供するかなり大きな弾性率と高い硬度は、非常に優れた加工性をもたらします。銅に比べ、材料の変形がほとんどなく、バリの発生もごくわずかです。また、黒鉛と違って材料のチッピングがなく、電極の幾何学的精度が向上します。これらの材料特性により、Sparkal®のロッドやチューブを極小径、長尺で製造することが可能となりました。

環境・作業条件の改善
黒鉛電極を用いた加工では、粉塵を除去し、床の黒鉛汚れを防ぎ、空気を清浄に保つために、特別な抽出システムを使用する必要があります。一方、Sparkal®を使った加工では、追加の設備は必要ありません。

粉末から完成した電極まで

粉末から完成した電極まで

プランゼーのエロージョン電極は粉末冶金法で作られています。粉末から最終製品までのすべての製造工程は社内で行われ、ISO 9001:2000、AS/EN/JISQ 9100に加えて、プランゼー独自の厳しい品質基準を満たしています。スパークル®EDM電極の製造で重要なステップは浸漬です。多孔質のタングステンブランクを圧縮した後、銅を浸透させ、焼結し、お客様が要求する形状に加工します。WCu複合材を使用したスパークル®放電加工電極は、高い耐摩耗性と優れた導電性を兼ね備えています。

    酸化
    還元
    合金の混合
    プレス加工
    焼結
    成形
    熱処理
    機械加工
    品質保証
    リサイクル
酸化モリメット社(チリ)は、世界最大のモリブデン鉱石精鉱の加工業者であり、三酸化モリブデンの主な供給元でもあります。プランゼーグループはモリーメット社の21.15%の株式を保有しています。Global Tungsten & Powders社(米国)はプランゼーグループの一部門で、タングステン金属粉の主要サプライヤーです。

材料の範囲とスパークル®の特別なプロパティの詳細については、弊社のWベースの金属マトリックス複合材料のページを参照してください。あなたの用途のための右スパークル®材料を選択する際に、個人的なサポートをご希望ですか?弊社の営業チームは喜んでお手伝いします。 

W-MMCの素材ページへ

プランゼーでは、さまざまな電極材料をご用意しています。  プランゼーのオンラインショップでは、スパークル®放電加工用電極を在庫からご注文いただけます。

プランゼーオンラインショップで放電加工用電極を注文します